気遣いが要らないと言われる家族葬の魅力

しっかりお別れの時間が持てる家族葬

しっかりお別れの時間が持てる家族葬 人生の最後のイベントと言えばお葬式です。自分自身はそのときすでにこの世にいませんが、人生を締めくくる最後の行事として行われる大切な行事です。しかし、自分でこのお葬式を仕切ることはできません。もちろん、今は遺言などで詳細なプランまで記した上で自分のお葬式を計画している人もいますし、生前葬という形であらかじめ行っている人もいますが、それは少数派であり、やはり大多数の方々は死後に家族が仕切る形でのお葬式を行うこととなります。家族が仕切るとなれば様々な準備のために時間を取られます。また、お葬式の間は関係者たちが大勢訪れますので、挨拶に追われることとなります。故人の死後、家族はこのような日々をしばらく送ることとなるのです。

その結果、故人とのお別れのために割く時間はかなり少ないものになってしまいます。本来であれば近親者である家族こそが故人と最も時間をかけてお別れをしたいにもかかわらず、多くの方を招くためにこのような事態になるのです。そして、落ち着いた心境で故人のことを考えることができるのはお葬式が終わってからとなりますが、その時点ではすでに故人は荼毘にふされており、体に触れることはできません。つまり、一般的な形のお葬式では家族のお別れが一番後回しになってしまうことが少なくないのです。もちろん、故人の人生は家族と過ごした時間だけではなく、会社の同僚や友人と過ごした時間も多分にあるため、これらの方々とのお別れも大切ですが、やはり家族は長年寝食を共にして生活してきた相手ですから、お別れの時間をしっかり確保したいという考えもあるでしょう。

このような思いを形にした結果、現在では家族葬というプランを用意している葬儀業者が増えつつあります。家族葬はその文字通り、家族で行うお葬式ですから、余分な気遣いなども不要で、荼毘にふされるまでの間にしっかりとお別れをすることができます。また、このような魅力があることを知って、家族葬という形を選ぶ遺族も増えています。故人としても、自分の死後、家族に負担をかけるのは辛いと考える人も多くいます。そういった人は、こうしたプランを最初から想定しておくことで、希望に沿ったお葬式を行うことが可能になります。

多くの葬儀業者が家族葬という名前のプランを用意しており、リーズナブルな価格でお葬式を行うことができるようになっていますので、それぞれのプランを比較した上で自分にとって最適なお葬式を選択することが大切です。

最新のお知らせ

  • [2018年07月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年07月09日]
    運営者情報を追加しました。